WP_Post

(3.5.0以降)
WP_Post - 投稿情報クラス

説明

WP_Post
投稿情報クラスです。

メンバー変数

  • $ID
    投稿ID
  • $post_author
    投稿者ID
  • $post_date
    投稿日時
  • $post_date_gmt
    投稿日時(GMT)
  • $post_content
    投稿内容
  • $post_title
    投稿タイトル
  • $post_excerpt
    投稿内容(抜粋)
  • $post_status
    投稿状態
  • $comment_status
    コメント投稿状態
  • $ping_status
    トラックバック/ピンバック受付状態
  • $post_password
    パスワード(公開状態がパスワード保護時)
  • $post_name
    投稿名(パーマリンク設定で%postname%使用時)
  • $to_ping
    -
  • $pinged
    -
  • $post_modified
    更新日時
  • $post_modified_gmt
    更新日時(GMT)
  • $post_content_filtered
    -
  • $post_parent
    親投稿記事ID(固定ページの場合)
  • $guid
    -
  • $menu_order
    ページ順序(固定ページの場合)
  • $post_type
    投稿情報タイプ
  • $post_mime_type
    MIMEタイプ()
  • $comment_count
    コメント数
  • $ancestors
    -
  • $filter
    適用されたフィルター名

メソッド

  • mixed static get_instance( int $post_id )
    パラメータ$post_idの投稿情報を取得し、WP_Postオブジェクトとして返す。
    • $post_id
      投稿情報IDを指定。
  • __construct( $post )
    投稿情報の連想配列からWP_Postオブジェクトを生成する。
    • $post
      投稿情報の連想配列を指定。
  • bool __isset( $key )
    投稿情報がメタ情報を持っているか調べる。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed __get( $key )
    投稿情報のプロパティ値を取得する。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed filter( $filter )
    投稿情報をフィルター処理する。
    • $filter
      フィルター名を指定。
  • array to_array()
    投稿情報を連想配列に変換する。

注意

WordPress 3.5.0で登場する投稿情報クラス。それ以前の投稿情報オブジェクトはPHPの標準クラスstdClassのオブジェクトになる。注目したいのは__getメソッド。これははなかなか重宝しそう。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2014-11-15 17:42