Login rebuilder:プラグイン作ってみました

Login rebuilder:プラグイン作ってみました - ログインページを変更する

説明

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。
インストールおよび使用方法
1. Login rebuilderのアーカイブファイルを解凍し、フォルダごと /wp-content/plugins/ の中に入れてください。
最新のLogin rebuilderのアーカイブファイルは、「wordpress.org(23KB)(wordpress.orgは申請中)」からダウンロードしてください。
2. 管理ページのプラグインページで「Login rebuilder」を有効にしてください。
管理者権限のアカウントでログインし、サイドナビの「プラグイン」をクリック。一覧の中から「Login rebuilder」の「有効化」をクリックしてください。
3. 「設定」-「ログインページ」を開きます。

各項目を順番に編集

  1. 「無効なリクエスト時の応答」は、新しいログインページを設定した後で、wp-login.phpへアクセスした場合の動作です。お好みで設定してください。
  2. 「ログインファイルのキーワード」は、自動的にランダムな8文字を生成しますので、基本的に変更する必要はありません。
  3. 「新しいログインファイル」は、wp-login.phpに代わる新しいログインページのファイル名を設定してください。初期値はいくつか用意しているものの中からランダムに選択したファイル名となりますが、ご自身でわかりやすい名前に変更してください。
  4. 「新しいログインファイル」の入力ボックスの右側には、青色で「書き込み可能」か、オレンジ色で「書き込み不可」と表示されます。「書き込み可能」の場合は本プラグインによって新しいログインファイルを生成・更新しますが、「書き込み不可」の場合は手動で新しいログインファイル(UTF-8、BOM無)をアップロードしてください。
  5. 「購読者専用ログインファイル」は、購読者のみがログインできるページ(寄稿者、投稿者、編集者、管理者はログイン不可)を設置する場合に使用します。「購読者専用ログインファイル」の入力ボックスの右側には、青色で「書き込み可能」か、オレンジ色で「書き込み不可」と表示されます。「書き込み可能」の場合は本プラグインによって購読者専用ログインファイルを生成・更新しますが、「書き込み不可」の場合は手動で新しいログインファイル(UTF-8、BOM無)をアップロードしてください。
  6. 「ステータス」を「稼働中」に変更して、「変更を保存」をクリックしてください。
  7. 設定内容が保存され、保存後のステータスが「稼働中」になったら、新しいログインページが利用可能です。なお、新しいログインファイルが正常に配置できていない場合、ステータスは「準備中」に戻ります。
4. ステータスが「稼働中」になったら一度ログアウト。
一度ログアウトログアウトして、新しいログインページが表示されることを確認(表示内容は変わりません)。いつもと同じIDとパスワードでログインしてみてください。
よくある質問
Q. wp-login.phpは不要になりますか。
A. 本プラグインではwp-login.phpを読み込んで使用します。決して削除しないでください。
Q. wp-adminディレクトリにアクセスできなくなった。
A. 通常、ログイン前にwp-adminディレクトリにアクセスすると、wp-login.phpへ自動的に遷移してログインしていますが、本プラグインを稼働中はwp-login.phpへのアクセスが制限されるためログインできません。これは新しいログインページを部外者に教えないための仕様です。
Q. 新しいログインページからログインできなくなった。
A. 原因としては内部のキーワードが一致しないことが考えられます。その場合は新しいログインファイルを削除し、もう一度新しいログインページを設定してください。
Q. 新しいログインファイルの名前は変えたほうがいいですか。
A. 本プラグインが設定したログインファイル名の使用は推奨しません。適度な長さでサイト管理者が覚えやすい名前を設定してください。なお、WordPressのファイル名は使用できません(一応3.0以降のファイル名は設定できないようにしていますが、十分にご注意ください)。
Q. マルチサイトに対応していますか。
A. マルチサイト機能でサブディレクトリを使用する場合については動作確認済みです。なおマルチサイトの場合、ログインファイル名は共通になります。
Q. このプラグインが無効でも新しいログインページからログインできます。
A. 新しいログインページからはいつでもログインできてしまいます。もし不要な場合は、新しいログインファイルを削除してください。
Q. 購読者専用ログインページは必ず使用しなければなりませんか。
A. こちらは必須ではありません。購読者専用ログインページが必要な場合のみ設定してください。
更新履歴
  • 2014.03.03 Login rebuilder 1.1.3をリリースしました。投稿パスワードの入力時もブロックしていたため、ブロックしないように修正しました。
  • 2014.02.10 Login rebuilder 1.1.2をリリースしました。残っていたデバッグ用のコードを削除しました。
  • 2013.11.15 Login rebuilder 1.1.1をリリースしました。一部のプラグインの組み合わせで発生するエラーを回避しました。
  • 2013.11.14 Login rebuilder 1.1.0をリリースしました。購読者専用ログインページが利用できるようになりました。
  • 2013.09.24 Login rebuilder 1.0.3をリリースしました。いくつかの不具合を修正しました。
  • 2013.09.12 Login rebuilder 1.0.2をリリースしました。一部の環境において代替ログインファイルを認識できない不具合を修正しました。
  • 2013.04.16 Login rebuilder 1.0.1をリリースしました。いくつかの不具合を修正しました。
  • 2013.01.18 Login rebuilder 1.0.0をリリースしました。

お勧めコンテンツ

is_feed(2011年10月31日 登録)

bool is_feed( mixed $feeds = '' )
RSSやATOMなどのフィードリクエストなのか調べる。

get_posts(2010年7月5日 登録)

array get_posts( [ mixed $args = null ] )
条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

get_term_children(2011年6月20日 登録)

mixed get_term_children( int $term_id, string $taxonomy )
子孫タクソノミーIDを取得する。

最終更新日時 : 2014-03-03 18:46