Somewhere search box:プラグイン作ってみました

Somewhere search box:プラグイン作ってみました - 投稿済みの記事の編集をちょっと手助け

説明

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。
インストールおよび使用方法
1. Post tag automatonアーカイブファイルを解凍し、フォルダごと /wp-content/plugins/ の中に入れてください。
最新のSomewhere search boxアーカイブファイルは、「wordpress.org」からダウンロードしてください。
2. 管理ページのプラグインページで「Somewhere search box」を有効にしてください。
管理者権限のアカウントでログインし、サイドナビの「プラグイン」をクリック。一覧の中から「Somewhere search box」の「有効化」をクリックしてください。
3. ダッシュボードまたは投稿編集ページを開きます。
右上に「投稿を検索」ウィジェット投稿一覧から投稿済みの記事を編集してみよう。編集ページを開くと、画面右上に「投稿を検索」ウィジェットが追加されているはずです。ここでキーワードを入力し投稿タイプを指定して、「Enter」キーを押すか「検索」ボタンをクリックすると、投稿記事を検索できます。
4. 投稿編集ページの「新規登録」ボタンの横にいくつかボタンが表示されます。
複製と前後の投稿記事を編集するボタン「新規追加」ボタンの横には、現在の投稿内容を複製したり、前 後に投稿済みの投稿内容を編集するボタンが表示されます。
5. 投稿一覧ページのタイトル部分にカーソルを移動した際、「編集」リンクの横に「複製」リンクが表示されます。
その記事内容を複製するリンク「複製」リンクは上記の「複製」ボタンと同じ機能で、新規投稿編集ページを開く際にその記事内容を複製するものです。
更新履歴
  • 2016.02.22 Somewhere search box 1.2.1:デバッグモードの新規投稿編集時にJavaScriptエラーになる不具合を修正しました。
  • 2016.01.14 Somewhere search box 1.2.0:投稿記事の複製機能(リンク)を追加しました。
  • 2015.09.09 Somewhere search box 1.1.2:前後の投稿記事編集ボタンがバージョン4.3で表示されない不具合を修正しました。
  • 2014.04.22 Somewhere search box 1.1.1:検索時に投稿タイプを選択できるようにしました。
  • 2013.12.15 Somewhere search box 1.1.0:カスタム投稿タイプに対応しました。
  • 2012.12.24 Somewhere search box 1.0.0をリリースしました。

お勧めコンテンツ

get_locale(2010年6月15日 登録)

string get_locale( )
現在のロケール情報('ja'や'en_US'など)を取得する。

wp_unslash(2013年8月2日 登録)

mixed wp_unslash( mixed $value )
スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。

wp_cache_get(2011年8月26日 登録)

mixed wp_cache_get( mixed $id [, string $flag = '' ] )
キャッシュから任意のデータを取得する。

wp_set_comment_status(2013年8月23日 登録)

mixed wp_set_comment_status( int $comment_id, string $comment_status [ , bool $wp_error = false ] )
コメントのステータスを設定する。

get_user_by(2010年10月27日 登録)

mixed get_user_by( string $field, mixed $value )
ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

最終更新日時 : 2016-02-22 19:25