Somewhere search box:プラグイン作ってみました

Somewhere search box:プラグイン作ってみました - 投稿済みの記事の編集をちょっと手助け

説明

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。
インストールおよび使用方法
1. Post tag automatonアーカイブファイルを解凍し、フォルダごと /wp-content/plugins/ の中に入れてください。
最新のSomewhere search boxアーカイブファイルは、「wordpress.org」からダウンロードしてください。
2. 管理ページのプラグインページで「Somewhere search box」を有効にしてください。
管理者権限のアカウントでログインし、サイドナビの「プラグイン」をクリック。一覧の中から「Somewhere search box」の「有効化」をクリックしてください。
3. 投稿編集ページを開きます。
右上に「投稿を検索」ウィジェット投稿一覧から投稿済みの記事を編集してみよう。編集ページを開くと、画面右上に「投稿を検索」ウィジェットが追加されているはずです。ここでキーワードを入力して「Enter」キーを押すか、「検索」ボタンをクリックすると、投稿記事を検索できます。
4. 登録した「類義語」は一覧に表示されます。
前後の投稿記事を編集するボタンまた編集中の前後に投稿済みの記事がある場合は、「新規追加」ボタンの横にそれらのボタンが表示されます。これらのボタンをクリックすると、対象の投稿記事をすぐに編集できます。
更新履歴
  • 2014.04.22 Somewhere search box 1.1.1:検索時に投稿タイプを選択できるようにしました。
  • 2013.12.15 Somewhere search box 1.1.0:カスタム投稿タイプに対応しました。
  • 2012.12.24 Somewhere search box 1.0.0をリリースしました。

お勧めコンテンツ

maybe_hash_hex_color(2012年6月14日 登録)

string maybe_hash_hex_color( $color )
'#'のついていない16進数のカラー値の先頭に'#'をつける。

wp_get_recent_posts(2013年10月16日 登録)

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

wp_register(2009年12月4日 登録)

void wp_register( [ string $before = '<li>' [ , string $after = '</li>' ] ] )
閲覧者がログインしているかどうかを調べ、ログインしておらず、かつユーザー登録が可能になっていればユーザ登録ページのリンクを、ログイン済みならば管理者ページのリンクを表示する。

add_shortcode(2010年11月12日 登録)

void add_shortcode( string $tag, mixed $func )
ショートコード(独自タグ)を追加する。ショートコードは、投稿記事内でテキスト内容がない[tag]や、テキストを内包する[tag]テキスト[/tag]の書式で使用できる独自タグのこと。標準の状態では、the_content関数によって表示する直前のフィルター処理内でパラメータ$funcで指定した関数・メソッドが実行される。

wp_reset_postdata(2011年8月1日 登録)

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

最終更新日時 : 2014-04-22 12:44