add_comment_meta

(2.9.0以降)
add_comment_meta - コメントメタ情報の値を追加する

説明

mixed add_comment_meta( int $comment_id, string $meta_key, mixed $meta_value [ , bool $unique = false ] )
コメントメタ情報の値を追加する。

パラメータ

  • $comment_id
    コメントIDを指定。
  • $meta_key
    コメントメタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    コメントメタ情報のキー名に対応する値を指定。
  • $unique
    同じキー名のコメントメタ情報を追加しない場合はtrueを、必ず追加する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

コメントメタ情報の値を追加した場合はコメントメタ情報IDを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

使い方は投稿情報のメタ情報を追加するadd_post_meta関数と同じ。パラメータ$uniqueにtrueを設定すると、キー名で指定したコメントメタ情報が存在する場合は登録失敗となる。

使用例

  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'の値として10を追加する。
    <?php $mid = add_comment_meta( 2014, 'judge', 10 ); ?>
  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'の値が登録されていない場合のみ、値として10を追加する。
    <?php add_comment_meta( 2014, 'judge', 10, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2014-03-09 13:56