add_editor_style

(3.0.0以降)
add_editor_style - テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する

説明

void add_editor_style( [ mixed $stylesheet = 'editor-style.css' ] )
テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する。

パラメータ

  • $stylesheet
    TinyMCEのcssファイル名またはその配列を指定(省略時は'editor-style.css')。

返り値

返り値はありません。

注意

add_theme_support関数にて'editor-style'を設定し、独自のTinyMCEのCSSファイル名を使用できるようにする。なお独自のcssファイルは、そのテーマディレクトリの直下に配置する決まりになっており、パラメータ$stylesheetが省略された場合は、editor-style.css(またはeditor-style-rtl.css)となる。

使用例

  • テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名'editor-style.css'を指定する。
    <?php add_editor_style( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:08