add_menu_page

add_menu_page - メニューを登録する

説明

mixed add_menu_page( string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' [ , string $icon_url = '' [ , mixed $position = NULL ] ] ] )
メニューを登録する。

パラメータ

  • $page_title
    メニューページのタイトル。
  • $menu_title
    メニュー名。
  • $capability
    メニューの権限(レベル数または権限名)。
  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。
  • $function
    メニューページのコールバック関数。
  • $icon_url
    メニュー横に表示されるアイコンファイルのURL(省略時は'')。
  • $position
    メニューの追加位置(省略時はNULL)。

返り値

メニューが登録できた場合はフック名を返す。ログインしているユーザーが指定された権限を所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityは、メニューを使用できるレベルまたは権限を指定できる(「LevelとCapability」を参照)。 パラメータ$menu_slugにはサイト内でユニークなメニューのスラッグを指定する(プラグインの場合は__FILE__を指定することが多い)。 パラメータ$icon_urlに指定するアイコン画像は16×16ピクセルのイメージで、省略した場合は/wp-admin/images/generic.png'(歯車のイメージ)が適用される。 パラメータ$positionが通常は指定せず、NULLが適用されメニュー情報の末尾に追加される。

使用例

  • メニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting' ); ?>
  • メニューを登録する(コールバック関数がメソッドの場合)。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, array( &$this, 'myplugin_setting' ) ); ?>
  • アイコンを指定してメニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting', WP_PLUGIN_URL.'/myplugin/images/icon.gif' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/plugin.php

関連

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2014-12-26 16:04