add_rewrite_rule

(2.1.0以降)
add_rewrite_rule - リライトルールを追加する

説明

void add_rewrite_rule( string $regex, string $redirect [ , string $after = 'bottom' ] )
リライトルールを追加する(リライトルール追加用のデータを登録する)。

パラメータ

  • $regex
    ルールを適用するパターンを指定。
  • $redirect
    ルールにマッチした場合に書き換えるパターンを指定。
  • $after
    ルールを追加する場所として'top'または'bottom'を指定(省略時は'bottom')。

返り値

返り値はありません。

注意

本関数はテーマ(主にfunctions.php)やプラグインで使用可能だが、各phpファイルのロード時はグローバル変数wp_rewriteが存在しないため呼び出すことはできず(呼び出すとエラーになる)、initアクションなどを利用しなければならない。
パラメータ$regexにはリクエストURLからサイトアドレス部分を取り除いた正規表現パターンを指定する。$regex内のグループ化演算子は、パラメータ$redirect内の後方参照パターン($matches[n]のこと。[]内のnは1以上の数)に適用される。

実際にルールを適用されるためには、管理者のパーマリンク設定ページで「変更を保存」ボタンを押す(flush_rewrite_rules関数を呼び出す)。追加したリライトルールを削除したい場合は、そのルールを追加したadd_rewrite_rule関数の記述を削除し、管理者のパーマリンク設定ページで「変更を保存」ボタンを押すこと。

使用例

  • リライトルールを追加する。
    <?php
    function custom_rewrite_rules() {
    	add_rewrite_rule( '^topic\-([0-9]+)?', 'index.php?p=$matches[1]', 'top' );
    }
    add_action( 'init', 'custom_rewrite_rules' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39