add_term_meta

(4.4.0以降)
add_term_meta - タームのメタ情報を追加する

説明

mixed add_term_meta( int $term_id, string $meta_key, mixed $meta_value [ , bool $unique = false ] )
タームのメタ情報を追加する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $meta_key
    メタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    メタ情報の値を指定。
  • $unique
    メタ情報が存在しない場合のみ登録する場合はtrueを、常に追加する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

メタ情報の値を追加した場合はメタ情報IDを、追加できなかった場合はfalseかWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

WordPressのDBバージョン番号が34370(WordPress 4.4.0は35700)より小さい場合は必ずfalseとなる。

同じキー名の値を登録したくない場合はパラメータ$uniqueがtrueにするか、update_term_meta関数を使用する。

使用例

  • タームのメタ情報を追加する。
    <?php add_term_meta( $term_id, 'image', $meta_value ); ?>
  • タームのメタ情報が存在しない場合のみ追加する。
    <?php add_term_meta( $term_id, 'image', $meta_value, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2016-02-23 15:29