adjacent_image_link

(2.5.0以降)
adjacent_image_link - 前または次の添付画像のリンクを表示する

説明

void adjacent_image_link( [ bool $prev = true [ , string $size = 'thumbnail' [ , string $text = false ] ] ] )
前または次の添付画像のリンクを表示する。

パラメータ

  • $prev
    前の添付画像の場合はtrue、次の添付画像の場合はfalseを指定(省略時はtrue)
  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

previous_image_linkおよびnext_image_link関数の実態。

使用例

  • 前の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link(); ?>
  • 次の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link( false ); ?>

フィルター

パラメータ$prevがtrueの場合、表示直前に'previous_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "previous_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );
パラメータ$prevがfalseの場合、表示直前に'next_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "next_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:56