before_last_bar

(2.8.0以降)
before_last_bar - 最後の'|'の前までの文字列を取得する

説明

string before_last_bar( string $string )
最後の'|'の前までの文字列を取得する。

パラメータ

  • $string
    文字列を指定。

返り値

パラメータ$stringに'|'が含まれている場合は先頭から最後の'|'の前までの文字列を、含まれていない場合はそのままを返す。

注意

パラメータ$stringに複数の'|'が含まれている場合、最後の'|'の前までの文字列を返す。具体的には次の通りとなる。
パラメータ$stringの内容返り値の内容
apple banana cherryapple banana cherry
apple|banana cherryapple
apple|banana|cherryapple|banana

使用例

  • 変数$nameの'|'前の文字列を取得する。
    <?php $name = before_last_bar( $name ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • translate_user_role - ロール(権限グループ)名の翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

最終更新日時 : 2014-11-29 16:31