bloginfo_rss

(0.71以降)
bloginfo_rss - フィード向けのブログ情報を出力する

説明

void bloginfo_rss( [ string $show = '' ] )
フィード向けのブログ情報を出力する。

パラメータ

  • $show
    ブログ情報名('name'、'url'、'description'など)を指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

内部ではサイトタイトルをget_bloginfo_rss関数(その内部ではget_bloginfo関数を呼び出している)によって取得しており、パラメータ$showの内容はそれらと共通である($showを省略した場合、内部では'name'と同じ扱いとなる)。

フィードのタイトル部分は、本関数を呼び出した後にwp_title_rss()を呼び出しており、フィードのタイトルを変更する場合はそちらも参照すること。

使用例

  • フィード向けのブログ名を出力する。
    <?php bloginfo_rss( 'name' ); ?>
  • フィード向けのURLを出力する。
    <?php wp_title_rss( 'url' ); ?>

フィルター

サイトタイトルを出力する直前に'bloginfo_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$textには本関数のパラメータ$showに対応したブログ情報の内容が、$showには本関数が受け取った値となる。
echo echo apply_filters( 'bloginfo_rss', $text, $show );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • bloginfo - サイト情報を表示する
  • get_bloginfo - サイト情報を取得する
  • wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2014-04-01 11:20