cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを表示する

説明

void cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用で、通常は非表示になっており、コメントの「返信」リンクをクリックした場合に(×印が)表示される。

パラメータ$textが省略された場合は'Click here to cancel reply.'の翻訳テキストが適用され、任意のテキストを指定できる。ただし、その場合はこのリンク部分のスタイル('.comment-reply-title small a'要素)が幅・高さとも24pxになっているので、スタイルを変更する必要がある。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:27