cat_is_ancestor_of

(2.1.0以降)
cat_is_ancestor_of - カテゴリが子孫関係か調べる

説明

bool cat_is_ancestor_of( mixed $cat1, mixed $cat2 )
カテゴリが子孫関係か調べる。

パラメータ

  • $cat1
    親カテゴリのオブジェクトかIDを指定。
  • $cat2
    子孫カテゴリのオブジェクトかIDを指定。

返り値

パラメータ$cat2$cat1の子孫カテゴリの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

パラメータ$cat1$cat2がIDの場合はget_category関数にてカテゴリー情報(オブジェクト)を取得する。 子孫関係を確認するため、$cat2が子カテゴリの場合は、このcat_is_ancestor_of関数を再帰的に呼び出して調べる。

使用例

  • $cat1$cat2の子孫カテゴリか調べる。
    <?php if ( cat_is_ancestor_of( $cat1, $cat2 ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2011-11-15 17:23