check_admin_referer

(1.2.0以降)
check_admin_referer - nonce用フォームパラメータを検証する

説明

bool check_admin_referer( [ mixed $action = -1 [ , string $query_arg = '_wpnonce' ] ] )
nonce用フォームパラメータを検証する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $query_arg
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時は'_wpnonce')。

返り値

チェックの結果、パラメータが有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返す。ただしパラメータ$actionが-1以外か、リファラーURLがダッシュボードURL以外の場合は、チェック結果がfalseの時点で所定のメッセージを表示してリクエスト処理が終了(die)となる。

注意

検証対象のnonce用フォームパラメータはwp_nonce_field関数を使用して埋め込む。パラメータ$actionは互換性のために省略可になっているが、-1を指定することは3.2で不適切となった。

使用例

  • nonce用フォームパラメータを検証する。
    <?php check_admin_referer( 'my-plugin' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[1.5.1]検証結果を返す直前に'check_admin_referer'アクションを呼び出す。パラメータ$actionには本関数が受け取った値が、$resultには検証結果となる。
do_action( 'check_admin_referer', $action, $result );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37