comments_number

(0.71以降)
comments_number - 投稿ページのコメント数を表示する

説明

void comments_number( [ string $zero = false [ , string $one = false [ , string $more = false [ , string = $deprecated = '' ] ] ] ] )
投稿ページのコメント数を表示する。

パラメータ

  • $zero
    コメントが0件の場合に表示する内容を指定(省略時は'No Comments')。
  • $one
    コメントが1件の場合に表示する内容を指定(省略時は'1 Comment')。
  • $more
    コメントが2件以上の場合に表示する内容を指定(省略時は'n Comments'。※nは実際のコメント数)。
  • $deprecated
    未使用。

返り値

何もありません。

注意

表示されるコメント件数は、グローバル変数$idの投稿情報のコメント数です。

4.0.0でコメント数を取得するget_comments_number_textが追加され、フィルターもそちらに移行されている。

使用例

  • 投稿ページのコメント数を表示する。
    <?php comments_number( 'コメントはありません', 'コメント: 1件', 'コメント: %件' ); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント数を示す文字列を返す直前に'comments_number'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputはコメント数を示す文字列、$numberはコメント数となる。
return apply_filters( 'comments_number', $output, $number );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:00