comments_open

(1.5.0以降)
comments_open - 投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる

説明

bool comments_open( [ mixed $post_id = NULL ] )
投稿ページ(情報)がコメント投稿を許可しているかを調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDまたは投稿情報(省略時はNULLとなり、現在の投稿情報を調べる)。

返り値

コメント投稿が許可されている場合はtrueを、許可されていない場合はfalseを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる。
    <?php if ( comments_open( ) ) { ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる。
    <?php if ( comments_open( 10 ) ) { ?>

フィルター

[2.5.0]コメント投稿状態を返す前に'comments_open'フィルターを呼び出す。パラメータ$openにはコメント投稿状態が、$post_idは本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'comments_open', $open, $post_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_form - コメント投稿フォームを表示する
  • pings_open - 投稿ページがトラックバック・ピンバックを許可されているか調べる

お勧めコンテンツ

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2014-10-04 21:55