convert_smilies

(0.71以降)
convert_smilies - 顔文字を対応する画像に変換する

説明

string convert_smilies( string $text )
顔文字を対応する画像(imgタグ)に変換する。

パラメータ

  • $text
    顔文字を含んだ文字列。

返り値

顔文字部分をimgタグに変換した文字列を返す。

注意

この関数はthe_content関数のデフォルトのフィルターの1つとして組み込まれており、投稿内容を表示する際に呼び出される。なお、この顔文字変換は管理画面「設定」-「投稿設定」の「整形-顔文字を画像に変換して表示する」がチェックされている場合のみ機能する。顔文字と対応する画像は次の通り。
顔文字画像
:arrow:
:grin: / :-D / :D
:???: / :-? / :?
:cool: / 8-) / 8)
:cry:
:shock: / 8-O / 8O
:evil:
:!:
:idea:
:lol:
:mad: / :-x / :x
:mrgreen:
:neutral: / :-| / :|
:?:
:razz: / :-P / :P
:oops:
:roll:
:sad: / :-( / :(
:smile: / :-) / :)
:eek: / :-o / :o
:twisted:
:wink: / ;-) / ;)
※/で区切られている文字は、同じ画像に変換されるもの。

使用例

  • ':)'を対応する画像に変換する。
    <?php $smile = convert_smilies( ':)' ); ?>
    $smileの内容
    <img src="http://localhost/wp-includes/images/smilies/icon_smile.gif" alt=":)" class="wp-smiley">

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2011-07-11 14:16