current_filter

(2.5以降)
current_filter - 現在のフィルター(アクション)名を取得する

説明

string current_filter( )
現在のフィルター(アクション)名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のフィルター(アクション)名を返す。

注意

複数のフィルターやアクションで実行される関数において、呼び出されたフィルターやアクションを識別する際に使用する。なおWordPressの内部では、アクションはフィルターと同じように扱われている。

使用例

  • 現在のフィルター(アクション)名を取得する。
    <?php
    $name = current_filter( );
    if ( empty( $name ) ) {
    	// フィルター(アクション)以外から実行されている
    	return;
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2011-02-06 23:59