current_user_can

(2.0.0以降)
current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる

説明

bool current_user_can( string $capability [, mixed $args ] )
現在のユーザーがパラメータ$capabilityで指定した権限(または役割)を所有しているか調べる。

パラメータ

  • $capability
    権限を指定。
  • $args
    追加パラメータを指定(省略可)。

返り値

権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityに指定できる主な権限は次の通り。
権限
テーマの変更'switch_themes'
テーマの編集'edit_themes'
プラグインの有効化'activate_plugins'
プラグインの編集'edit_plugins'
ユーザの編集'edit_users'
ファイルの編集'edit_files'
設定の管理'manage_options'
インポート'import'
コメントの承認'moderate_comments'
カテゴリーの管理'manage_categories'
リンクの管理'manage_links'
フィルターなしのHTML'unfiltered_html'
投稿された記事の編集'edit_published_posts'
他のユーザの記事の編集'edit_others_posts'
ページの編集'edit_pages'
ファイルアップロード'upload_files'
記事の投稿'publish_posts'
記事の編集'edit_post'
閲覧'read'
管理者はこれらの権限をすべて所有している。ユーザ別の権限は、コラム「LevelとCapability」を参照。

使用例

  • 現在のユーザーが'edit_themes'を所有しているか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_themes' ) ) { ?>
  • $post_idの投稿情報を編集できるか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_post', $post_id ) ) { ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2015-06-25 12:39