date_i18n

(0.71以降)
date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する

説明

string date_i18n( string $dateformatstring, mixed $unixtimestamp = false, bool $gmt = false )
日付/時刻を書式化した文字列を取得する

パラメータ

  • $dateformatstring
    日時フォーマットの文字列を指定
  • $unixtimestamp
    UNIXタイムスタンプ(秒)を指定(省略時はfalse)
  • $gmt
    タイムゾーンGMTを有効にする場合はtrueを、現在のロケールの場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

日時を書式化した文字列を返す。

注意

PHPのdate関数は、タイムゾーンがUTCになっているため日本(JST)の書式化したテキストを取得できないため、このdate_i18n関数を使用すると便利。フォーマットはPHPのdate関数とほぼ同じである。

使用例

  • 現在の日付/時刻を書式化した文字列を取得する。
    <?php $text = date_i18n( 'Y-m-d H:i' ); ?>

フィルター

書式化した文字列を返す直前に'date_i18n'フィルターを呼び出す。パラメータ$jには返す直前の書式化した文字列は、$req_formatが書式フォーマットが、$iにはタイムスタンプが格納される。
$j = apply_filters( 'date_i18n', $j, $req_format, $i, $gmt );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • human_time_diff - 時間差を感覚的な表現で取得する
  • mysql2date - MySQLの日時情報を変換する
  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2014-02-05 12:39