disabled

(3.0.0以降)
disabled - disabled属性を表示する

説明

string disabled( mixed $disabled [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのdisabled属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $disabled
    disabled属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$disabledと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    disabled属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$disabledがパラメータ$currentと一致する場合は" disabled='disabled'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるdisabled属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $ageが18未満の場合、チェックボックスにdisabled属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php disabled( $age<18 ); ?> value="1" />

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:37