dynamic_sidebar

(2.2.0以降)
dynamic_sidebar - ダイナミックサイドバーを表示する

説明

bool dynamic_sidebar( [ mixed $index = 1 ] )
ダイナミックサイドバーを表示する。

パラメータ

  • $index
    ダイナミックサイドバーのID番号または名前を指定(省略時は1)。

返り値

ダイナミックサイドバーを表示できた場合はtrue、表示できなかった場合はfalseを返す。

注意

テーマ内のsidebar.phpで使用することが多い。サイドバー以外でもウィジェットの表示でも利用される。

使用例

  • ID番号が2に設定されているダイナミックサイドバーを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 2 ); ?>
  • 'secondary-widget-area'のウィジェットを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 'secondary-widget-area' ); ?>

フィルター

[2.5.0]登録されているウィジェットごとに'dynamic_sidebar_params'フィルターを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$paramsはそのウィジェットのプロパティ値となる。
$params = apply_filters( 'dynamic_sidebar_params', $params );
[3.9.0]本関数の終了直前に'dynamic_sidebar_has_widgets'フィルターを呼び出す。パラメータ$did_oneにウィジェットの有無(存在した場合はtrue、存在しない場合はfalse)が、$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が格納されている。
return apply_filters( 'dynamic_sidebar_has_widgets', $did_one, $index );

アクション

[3.9.0]ウィジェットの表示前に'dynamic_sidebar_before'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_before', $index, $has_widgets );
[3.0.0]各ウィジェットの表示直前に'dynamic_sidebar'アクションを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$widgetにはウィジェット情報が格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar', $widget );
[3.9.0]ウィジェットの表示後に'dynamic_sidebar_after'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_after', $index, $has_widgets );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2014-04-22 09:04