esc_attr_e

(2.8.0以降)
esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する

説明

void esc_attr_e( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールに応じた翻訳テキストを取得し、その中に含まれている特殊文字をHTMLエンティティに変換してから表示する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるテキスト内の'シングルクォートは、'に変換される。 パラメータ$domainを省略した場合は、国際化用ファイルは、wp-content/languages/[ロケール名].moとなる。 テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • 'Default'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Default' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)から'Numeric'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Numeric', 'mytheme' ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する
  • load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • load_theme_textdomain - テーマ用のMOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35