format_to_edit

(0.71以降)
format_to_edit - テキストを編集向けに整形する

説明

string format_to_edit( string $content [ , bool $rich_text = false ] )
テキストを編集向けに整形する。

パラメータ

  • $content
    テキストを指定。
  • $rich_text
    リッチテキストの場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

整形したテキストを返す。

注意

投稿内容などのテキストを編集前に整形するための関数となる。4.4.0でパラメータ名$richedit$rich_textにリネームされた。

使用例

  • テキストを編集向けに整形する。
    <?php $content = format_to_edit( $content ); ?>
  • リッチテキストを編集向けに整形する。
    <?php $content = format_to_edit( $content, true ); ?>

フィルター

[1.2.0]はじめに'format_to_edit'フィルターを呼び出す。パラメータ$contentは本関数が受け取った内容となる。
$content = apply_filters( 'format_to_edit', $content );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_textarea - TEXTAREAタグの値をエスケープする

お勧めコンテンツ

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:21