get_adjacent_post

(2.5.0以降)
get_adjacent_post - 現在の投稿記事に隣接する投稿記事を取得する

説明

object get_adjacent_post( [ bool $in_same_cat = false [ , mixed $excluded_categories = '' [ , bool $previous = true [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] )
現在の投稿記事に隣接する投稿記事を取得する。

パラメータ

  • $in_same_cat$in_same_term
    現在の投稿情報と同じタクソノミー([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)で絞り込む場合はtrue、限定しない場合はfalse(省略時はfalse)。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)のIDを指定(省略時は'')。複数のカテゴリーを除外する場合は、'1 and 3'のように' and 'で連結して指定する’1,3’のようにカンマで連結した文字列を指定するか、配列で指定する。
  • $previous
    前の投稿情報を調べる場合はtrueを、次の投稿情報を調べる場合はfalseを指定(省略時はtrue)。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

隣接する投稿情報のオブジェクトを返す。隣接する投稿情報がない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$excluded_categoriesは、3.3で仕様変更され、文字列で複数のカテゴリーIDを指定する場合は' and 'で区切ることは非推奨になった。カンマ(,)で区切るか、配列で指定すること。
隣接する投稿記事は、投稿記事の投稿日時を起点に投稿日時でソート後、一番近い投稿記事が対象となる。
なおパラメータ$in_same_catをtrueにした場合、現在の投稿記事が属するカテゴリーのIDを$excluded_categoriesに含めても、そのカテゴリーを除外することはできないので、注意が必要である。具体的には、現在の投稿情報がカテゴリーIDが10と15のカテゴリーに属している場合、次のように指定してもIDが10のカテゴリーは対象から除外されない。
$prev = get_adjacent_post( true, '10' );
IDが15のカテゴリーのみを対象にする場合は、$in_same_catはfalseにし、$excluded_categoriesにはIDが15以外のすべてのカテゴリーIDを列挙したものを指定する必要がある(すべてのカテゴリーのIDが3、5、10、15の場合)。
$prev = get_adjacent_post( false, '3,5,10' );
なお、検索結果は検索条件に紐づいてキャッシュされ、次に検索条件が同じ場合はキャッシュから結果を返している。

使用例

  • 現在の投稿記事の前の投稿記事を取得する。
    <?php $prev = get_adjacent_post(); ?>
  • 現在の投稿記事と同じカテゴリーの次の投稿記事を取得する。
    <?php $next = get_adjacent_post( true, '', false ); ?>
  • 現在の投稿記事と次の投稿記事を取得する。
    <?php $next = get_adjacent_post( false, '', false ); ?>
  • カテゴリーIDが10と15のカテゴリーを除外して現在の投稿記事と次の投稿記事を取得する。
    <?php $next = get_adjacent_post( false, '10,15', false ); ?>
  • 現在の投稿記事と同じタグの次の投稿記事を取得する。
    <?php $next = get_adjacent_post( true, '', false, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

[2.5.0]本関数が受け取ったパラメータの解析後、"get_{$adjacent}_post_join"フィルターを呼び出す($adjacentは'previous'または'next')。パラメータ$joinはjoin句の内容が、$in_same_termおよび$excluded_termsは本関数が受け取った同名パラメータとなる。
$join = apply_filters( "get_{$adjacent}_post_join", $join, $in_same_term, $excluded_terms );
[2.5.0]上記のフィルター処理後、"get_{$adjacent}_post_where"フィルターを呼び出す($adjacentは'previous'または'next')。パラメータ$joinはwhere句の内容が、$in_same_termおよび$excluded_termsは本関数が受け取った同名パラメータとなる。
$where = apply_filters( "get_{$adjacent}_post_where", $where, $in_same_term, $excluded_terms );
[2.5.0]上記のフィルター処理後、"get_{$adjacent}_post_sort"フィルターを呼び出す($adjacentは'previous'または'next')。パラメータ$sortはorder by句の内容として"ORDER BY p.post_date $order LIMIT 1"が格納されている($order$adjacentが'previous'の場合は'DESC'、'next'の場合は'ASC')。
$sort = apply_filters( "get_{$adjacent}_post_sort", $sort );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2015-05-28 14:02