get_admin_url

(3.0.0以降)
get_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)

説明

string get_admin_url( [ int $blog_id = null [ , string $path = '' [ , string $scheme = 'admin' ] ] ] )
管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時はnull)。
  • $path
    管理者ページのパス名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマとして'admin'、'http'、'https'を指定(省略時は'admin')。

返り値

管理者ページのURLを返す。

注意

admin_url関数のマルチサイト対応版。パラメータ$blog_idがnullの場合は、現在のサイトが管理者ページのURLとなる。

使用例

  • 現サイトのダッシュボードページのURLを取得する。
    <?php $url = get_admin_url(); ?>
  • ブログIDが1の新規投稿を追加(投稿-新規追加)ページのURLを取得する。
    <?php $url = get_admin_url( 1, 'post-new.php' ); ?>

フィルター

URLを返す直前にadmin_urlフィルターを呼び出す。$urlには管理者ページのURLが、$pathおよび$blog_idには、本関数が受け取った各パラメータの値が格納される。
return apply_filters( 'admin_url', $url, $path, $blog_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_site_url - 任意のブログのサイトURLを取得する

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2012-05-06 11:49