get_approved_comments

(2.0.0以降)
get_approved_comments - 投稿記事のコメント情報を取得する

説明

array get_approved_comments( int $post_id )
投稿記事の公開許諾されているコメント情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿IDを指定。

返り値

コメント情報(オブジェクト)の配列で返す。公開許諾されているコメントがない場合は空の配列を返す。コメント情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
comment_IDintコメントID
comment_post_IDintコメントされた投稿情報のID
comment_authorstringコメント投稿者
comment_author_emailstringコメント投稿者のメールアドレス
comment_author_urlstringコメント投稿者のURL
comment_author_IPstringコメント投稿者のIPアドレス
comment_datestringコメント投稿日時(ローカル)
comment_date_gmtstringコメント投稿日時(世界標準時)
comment_contentintコメント内容
comment_karmaintカルマ
comment_approvedint許諾状況(許諾されている場合は1)
comment_agentstringエージェント
comment_typestringコメントタイプ
comment_parentint親コメントID
user_idintユーザID

注意

取得件数や並び順、許諾されていないコメント情報など、より詳細な条件を指定する場合は、get_comments関数が使用できる。

使用例

  • 投稿IDが1の公開許諾されているコメント情報を取得する。
    <?php $comments = get_approved_comments( 1 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2011-06-19 11:40