get_attachment_link

(2.0.0以降)
get_attachment_link - 添付データのパーマリンクURLを取得する

説明

string get_attachment_link( [ mixed $post = null [ , bool $leavename = false ] ] )
添付データのパーマリンクURLを取得する。

パラメータ

  • $post
    添付データまたはその投稿情報ID(省略時はnullとなり、現在の投稿情報を調べる)。
  • $leavename
    投稿名およびページ名を除外する場合はfalse、有効にする場合はtrueを指定(省略時はfalseとなり、投稿名およびページ名を有効にする)。

返り値

添付データのパーマリンクURLを返す。

注意

パーマリンク設定されていない場合は、home_url( '/?attachment_id=nnn' )となる(nnnは添付データのID)。

使用例

  • $attachmentで指定した添付データのパーマリンクURLを取得する。
    <?php $url = get_attachment_link( $attachment ); ?>

フィルター

パーマリンクURLを返す直前に'attachment_link'フィルターを呼び出す。$linkにはパーマリンクURL、$post_idには固定ページのIDが格納される。
return apply_filters( 'attachment_link', $link, $post_id );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2013-04-04 14:06