get_avatar

(2.5以降)
get_avatar - アバターの画像タグを取得する

説明

string get_avatar( mixed $id_or_email [ , int $size = 96 [ , string $default = '' [ , mixed $alt = false ] ] ] )
アバターの画像タグを取得する。

パラメータ

  • $id_or_email
    ユーザーID、メールアドレス、コメント情報のいずれか。
  • $size
    サイズを指定(省略時は96)。
  • $default
    デフォルトのアバター画像タグ(省略時は'')。
  • $alt
    イメージタグのalt属性(省略時はfalseとなり、''が適用される)。

返り値

アバター画像タグを返す。

注意

「設定」-「ディスカッション」で「アバターを表示しない」を選択している場合は、文字列ではなくfalseが返る。 またパラメータ$default省略時のアバター画像は、「設定」-「ディスカッション」で設定されている「デフォルトアバター」となる。

使用例

  • アバター画像タグを取得する。
    <?php $avatar = get_avatar( 'admin@thissite.jp' ); ?>

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2010-08-04 13:15