get_body_class

(2.8.0以降)
get_body_class - bodyタグのclass属性値を取得する

説明

array get_body_class( [ string $class = '' ] )
bodyタグのclass属性値を取得する。

パラメータ

  • $class
    class属性として追加するクラス名の文字列またはその配列

返り値

class属性値を含んだ配列を返す。
ページタイプ別の配列の内容は、おおよそ次の通り。
ページタイプ(テーマ内ファイル名)戻り値
ホーム(index.php){ 'home', 'blog' }
日付別アーカイブ
(archive.php, date.php)
{ 'archive', 'date' }
カテゴリー別アーカイブ
(archive.php, category.php)
{ 'archive', 'category', 'category-1' }
※「1」の部分にはカテゴリーのスラッグが入る。
タグ別アーカイブ
(archive.php, tag.php)
{ 'archive', 'tag', 'tag-mini' }
※「mini」の部分にはタグのスラッグが入る。
著者別アーカイブ
(archive.php, author.php)
{ archive author author-admin }
※「admin」の部分には著者名が入る。
投稿(single.php){ 'single', 'single-post', 'postid-152' }
※「152」の部分には投稿情報IDが入る。
ページ(page.php){ 'page', 'page-id-2', 'page-template', 'page-template-default' }
※「2」の部分には投稿情報IDが入る。
検索結果ページ(search.php){ 'search', 'search-results' }
404ページ(404.php){ 'error404' }
ログイン時(共通)配列に'logged-in'が含まれる

注意

特にありません。

使用例

  • bodyタグのclass属性値を取得する。
    <?php $class_arr = get_body_class( ); ?>

フィルター

クラス名の配列を返す直前にbody_classフィルターを実行する。パラメータ$classesにはクラス名の配列が、 パラメータ$classには本関数で受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'body_class', $classes, $class );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • body_class - bodyタグのclass属性を表示する

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2012-06-23 16:01