get_cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
get_cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを取得する

説明

string get_cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

コメント返信のキャンセル用リンクを返す。

注意

cancel_comment_reply_link関数ではこの関数を呼び出してコメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用を生成して表示している。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

[2.7.0]リンクテキストを返す直前に'cancel_comment_reply_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatted_linkはリンクテキスト、$linkはリンク先URL, $textはリンクの表示テキストが格納されている。
return apply_filters( 'cancel_comment_reply_link', $formatted_link, $link, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:40