get_category_by_slug

(2.3.0以降)
get_category_by_slug - カテゴリー情報を取得する

説明

mixed get_category_by_slug( string $slug )
カテゴリーのスラッグからカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $slug
    カテゴリーのスラッグ。

返り値

カテゴリーが見つかった場合はそのカテゴリー情報(オブジェクト)を返す。カテゴリーが見つからなかった場合はfalseを返す。 カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

特にありません。

使用例

  • スラッグが'blog'のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_category_by_slug( 'blog' ); ?>

関連

  • get_categories - カテゴリー情報を取得する
  • get_term_by - カテゴリー・タグ情報を取得する
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2010-12-02 10:37