get_category_link

(1.0.0以降)
get_category_link - カテゴリーのリンク文字列を取得する

説明

string get_category_link( mixed $category )
カテゴリーのリンク文字列を取得する。

パラメータ

  • $category
    カテゴリーのIDかオブジェクトを指定。

返り値

カテゴリーのリンク文字列を返す。パラメータ$categoryが無効な値の場合は、''を返す。リンク文字列の書式は次の通り(1の部分にはカテゴリーIDが入る)。
http://ドメイン名/?cat=1

注意

内部ではget_term_linkを呼び出している。

使用例

  • カテゴリーIDが1のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_category_link( 1 ); ?>

関連

  • get_term_link - タクソノミーのリンク文字列を取得する

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2011-05-27 12:19