get_category_parents

(1.2.0以降)
get_category_parents - 親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を取得する

説明

mixed get_category_parents( int $id [ , bool $link = false [ , string $separator = '/' [ , bool $nicename = false [ , array $visited = array() ] ] ] ] )
親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を取得する。

パラメータ

  • $id
    カテゴリーID。
  • $link
    カテゴリー名をリンクで取得する場合はtrue、名前のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $separator
    区切り文字(省略時は'/')。
  • $nicename
    カテゴリーのスラッグを取得する場合はtrue、カテゴリー名を取得する場合はfalse(省略時はfalse)。
  • $visited
    閲覧済みのカテゴリーIDの配列(省略時はarray())。

返り値

親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を返す。ただし、パラメータ$idが無効なカテゴリーIDの場合は、WP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前について、親カテゴリーの名前と連結してものを返す。各カテゴリーの名前の後にはそれぞれ区切り文字が連結される(パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前にも区切り文字が連結される)。

使用例

  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7 ); ?>
    $catの内容:(親子関係のあるカテゴリーが、それぞれ親(IDが3、スラッグがparent)、子(IDが5、スラッグがchild)、孫(IDが7、スラッグがgrandchild)の場合)
    親/子/孫/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(スラッグ)を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, false, '/', true ); ?>
    $catの内容:
    parent/child/grandchild/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(リンク付き)を区切り文字>で取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, true, ' &gt; ' ); ?>
    $catの内容:(ドメインがlocalhostの場合)
    <a href="http://localhost/?cat=3" title="親 の投稿をすべて表示">親</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=5" title="子 の投稿をすべて表示">子</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=7" title="孫 の投稿をすべて表示">孫</a> &gt;

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2014-02-14 14:30