get_comment_count

(2.0.0以降)
get_comment_count - コメント数を取得する

説明

array get_comment_count( [ int $post_id = 0 ] )
ブログ全体または投稿ページのコメント数を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(省略時は0となり、ブログ全体のコメント数を取得する)。

返り値

コメント数が格納された連想配列を返す。
キー意味
approved承認済みのコメント数
awaiting_moderation承認待ちのコメント数
spamスパムマークされたコメント数
total_commentsコメント総数

注意

特にありません。

使用例

  • ブログ全体のコメント数を取得する。
    <?php $count = get_comment_count(); ?>
  • 投稿IDが10の投稿ページのコメント数を取得する。
    <?php $count = get_comment_count( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

最終更新日時 : 2010-11-18 18:35