get_comment_id_fields

(2.7.0以降)
get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する

説明

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、comment_id_fields関数から呼び出される。

パラメータ$idが0の場合は、get_the_ID関数を使用して現在の投稿情報のIDを取得している。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す直前に'comment_id_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$resultは隠しフィールド、$idは投稿ID, $replytoidはコメント返信元のコメントIDが格納されている。
return apply_filters( 'comment_id_fields', $result, $id, $replytoid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する
  • get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:31