get_comment_meta

(2.9.0以降)
get_comment_meta - コメントメタ情報の値を取得する

説明

mixed get_comment_meta( int $comment_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
コメントメタ情報の値を取得する。

パラメータ

  • $comment_id
    コメントIDを指定。
  • $key
    コメントメタ情報のキー名を指定(省略時は'')。
  • $single
    同じキー名がある場合、最初に見つかった値を取得する場合はtrue、すべての値を配列で取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

コメントメタ情報の値を返す。

注意

コメント情報のメタ情報は、標準ではほとんど使われていない。使い方は投稿情報のメタ情報を取得するget_post_meta関数と同じ。

使用例

  • コメントIDが2014でキー名が'judge'の値をすべて取得する。
    <?php $good = get_comment_meta( 2014, 'judge' ); ?>
  • コメントIDが2014でキー名が'total'の値を1つ取得する。
    <?php $good = get_comment_meta( 2014, 'total', true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2014-03-09 09:03