get_comments_number

(1.5.0以降)
get_comments_number - 投稿ページのコメント数を取得する

説明

int get_comments_number( [ int $post_id = 0 ] )
投稿ページのコメント数を取得する。パラメータ$post_idに投稿IDを指定することで、任意の投稿ページのコメント件数を取得できる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(省略時はグローバル変数$idを参照)。

返り値

投稿ページのコメント数を返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿ページのコメント数を取得する。
    <?php $n = get_comments_number(); ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿ページのコメント数を取得する。
    <?php $n = get_comments_number( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:01