get_comments_number_text

(4.0.0以降)
get_comments_number_text - コメント数を示す文字列を取得する

説明

string get_comments_number_text( [ mixed $zero = false [ , mixed $one = false [ , mixed $more = false ] ] ] )
コメント数を示す文字列を取得する。

パラメータ

  • $zero
    コメントがない場合のテキストを指定(省略時はfalse)。
  • $one
    コメント数が1件の場合のテキストを指定(省略時はfalse)。
  • $more
    コメント数が2件以上の場合のテキストを指定(省略時はfalse)。

返り値

コメント数を示す国際化対応済みの文字列を返す。

注意

パラメータ$zeroがfalseの場合は、'No Comments'の翻訳テキストが適用される。
パラメータ$oneがfalseの場合は、'1 Comment'の翻訳テキストが適用される。
パラメータ$moreには'%'を含めることができる。'%'はnumber_format_i18n関数によって書式化されたコメント数に置き換えられる。

フィルターバージョンが1.5.0になっているのは、コメント数を表示するcomments_number関数のフィルターを継承しているためである。

使用例

  • コメント数を示す文字列を取得する。
    <?php $output = get_comments_number_text(); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント数を示す文字列を返す直前に'comments_number'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputはコメント数を示す文字列、$numberはコメント数となる。
return apply_filters( 'comments_number', $output, $number );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comments_number - 投稿ページのコメント数を表示する
  • get_comments_number - 投稿ページのコメント数を取得する
  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする
  • _n - 数値フォーマットの翻訳テキストを取得する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2014-09-05 11:55