WordPress 4.5.0 で非推奨となりました。

get_currentuserinfo

(0.71以降)
get_currentuserinfo - 現在のユーザ情報を読み込む

説明

mixed get_currentuserinfo( )
現在のユーザ情報を読み込む。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

状況に応じてfalseを返したり、何も返さなかったりする。返り値そのものには基本的に意味はない。

注意

wp_set_current_user関数を使ってグローバル変数$current_userに現在のユーザ情報をセットする。なお$current_userがセット済みの場合は何もしない。

使用例

  • 現在のユーザ情報を読み込む。
    <?php get_currentuserinfo(); >

フィルター

[3.9.0]現在のユーザーIDを設定する前に'determine_current_user'フィルターを呼び出す。呼び出し時のパラメータはfalseとなっており、標準ではリクエストのクッキー情報からログイン済みのユーザーを特定し、そのIDを返している。
$user_id = apply_filters( 'determine_current_user', false );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2014-05-19 10:16