get_custom_logo

(4.5.0以降)
get_custom_logo - カスタムロゴのHTMLを取得する

説明

string get_custom_logo( [ int $blog_id = 0 ] )
カスタムロゴのHTMLを取得する。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムロゴのHTMLを返す。

注意

カスタムロゴのメディアIDはget_theme_mod(パラメータ'custom_logo')関数で取得でき、さらにwp_get_attachment_image関数で使ってカスタムロゴのimg要素を取得する。カスタムロゴが設定されている場合は次のようなHTMLとなる。

<a href="ホームURL" class="custom-logo-link" rel="home" itemprop="url">カスタムロゴimg要素</a>

マルチサイトに対応しており、現在のブログ以外の場合はそのブログIDをパラメータに指定する。

使用例

  • 現在のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo(); ?>
  • プログIDが2のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo( 2 ); ?>

フィルター

[4.5.0]カスタムロゴのHTMLを返す前に'get_custom_logo'フィルターを呼び出す。パラメータ$htmlはカスタムロゴのHTMLが格納される。
return apply_filters( 'get_custom_logo', $html );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:05