get_page_template_slug

(3.4.0以降)
get_page_template_slug - 固定ページに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する

説明

mixed get_page_template_slug( int $page_id )
固定ページに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する。

パラメータ

  • $page_id
    固定ページ(page)情報のIDを指定。

返り値

パラメータ$page_idで指定された固定ページ情報のテンプレートファイルのスラッグを返す。$page_idで指定された投稿情報が固定ページ以外の場合はfalseを返す。また、専用のテンプレートファイルが指定されていない場合は''を返す。

注意

固定ページ(page)のテンプレートファイルのスラッグは、その投稿情報のカスタムフィールド'_wp_page_template'に格納されている。

[4.7.0]本関数は対象となる投稿情報が固定ページのみだったが、バージョン4.7.0から任意の投稿タイプが対象となった。

使用例

  • 投稿情報が格納された変数$pageに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する。
    <?php $template_slug = get_page_template_slug( $page->ID ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_post - 投稿情報を取得する
  • get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2017-01-11 15:54