get_post_permalink

(3.0.0以降)
get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する

説明

string get_post_permalink( [ int $id = 0 [ , bool $leavename = false [ , bool $sample = false ] ] ] )
カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $leavename
    投稿名を保持する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。
  • $sample
    サンプルパーマリンクの場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

カスタム投稿タイプのパーマリンクを返す。投稿IDが無効の場合はfalseを返す。

注意

通常シングルページのパーマリンクはget_permalink関数で取得でき、この関数も内部で呼び出されている。固定ページのパーマリンクを取得するget_page_linkと同様のパラメータを持ち、使い方も似ている。

使用例

  • 現在のカスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink(); ?>
  • カスタム投稿タイプの投稿IDが101のパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink( 101 ); ?>

フィルター

[3.0.0]パーマリンクを返す直前に'post_type_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはパーマリンクが、その他のパラメータには本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_link', $post_link, $post, $leavename, $sample );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2014-06-12 09:16