get_post_type_archive_template

(3.7.0以降)
get_post_type_archive_template - 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する

説明

string get_post_type_archive_template()
投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

クエリーのpost_typeに応じたテンプレートファイルのパス名を返す。

注意

is_post_type_archive関数の戻り値がtrue(リクエストが投稿タイプアーカイブ)の場合、テンプレートローダー(template-loader.php)から呼び出される。
テンプレートの適用順が3.7.0で変更になっているので注意が必要かも。
3.6.1以前3.7.0
404404
searchsearch
taxfront page
front pagehome
homepost type archive NEW
 tax
attachmentattachment
singlesingle
pagepage
categorycategory
tagtag
authorauthor
datedate
archivearchive
comments popupcomments popup
pagedpaged
indexindex

使用例

  • 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。
    <?php $template = get_post_type_archive_template(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/template.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

最終更新日時 : 2013-10-29 18:30