get_previous_post_link

(3.7.0以降)
get_previous_post_link - 直前の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_previous_post_link( [ string $format = '« %link' [ , string $link = '%title' [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] ] )
直前の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定(省略時は'« %link')。
  • $link
    リンクタイトルを指定(省略時は'%title')。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

直前の投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

previous_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link(); ?>
  • 直前の投稿ページのリンクをフォーマットを指定して取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]' ); ?>
  • 直前の投稿ページのリンクをリンクタイトルを指定して取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • 同タグが付いた直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2015-05-28 14:02