get_previous_posts_link

(2.7.0以降)
get_previous_posts_link - 前ページ(アーカイブ)へのリンクテキストを取得する

説明

string get_previous_posts_link( [ string $label = null ] )
前ページ(アーカイブ)へのリンクテキストを取得する。

パラメータ

  • $label
    ラベル文字を指定(省略時は__( '« Previous Page' ))。

返り値

前ページへのリンクテキストを返す。呼び出し時のページが投稿ページか、前ページがない場合はnullを返す。

注意

検索結果ページやアーカイブページ用の関数である。

使用例

  • 前ページへのリンクテキストを取得する。
    <?php $prev = get_previous_posts_link(); ?>
  • ラベル文字を指定して前ページへのリンクテキストを取得する。
    <?php $prev = get_previous_posts_link( '前へ' ); ?>

フィルター

aタグの属性を指定するprevious_posts_link_attributesフィルターを呼び出す。
$attr = apply_filters( 'previous_posts_link_attributes', '' );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

最終更新日時 : 2014-12-24 15:34