get_search_query

(2.3.0以降)
get_search_query - 検索キーフレーズをする

説明

string get_search_query( [ bool $escaped = true ] )
ユーザによって検索フォームで入力された検索キーフレーズを取得する。

パラメータ

  • $escaped
    エスケープ処理を行う場合はtrue、行わない場合はfalseを指定

返り値

検索キーフレーズを返す。検索キーフレーズが未入力の場合は""を返す。

注意

返り値はstripslashes関数(PHP)によってバックスラッシュを取り除かれた文字列になる。

使用例

  • 検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( ); ?>
  • エスケープ処理を行わずに検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( false ); ?>

フィルター

'get_search_query'フィルターを呼び出す。$queryには、get_query_var( 's' )で取得した値が格納される。
$query = apply_filters( 'get_search_query', $query );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2013-01-19 11:43