get_stylesheet_directory

(1.5.0以降)
get_stylesheet_directory - 現在のテーマのパス名を取得する

説明

string get_stylesheet_directory( )
現在のテーマ(スタイルシートがあるディレクトリ)のパス名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのパス名を返す。

注意

末尾に'/'は付与されない。標準的なテーマの場合、このget_stylesheet_directory関数で取得できる値と、get_template_directory関数で取得できる値は同じになるが、現在のテーマが子テーマの場合は異なるパスになる。そのため、確実に現在のテーマのパス名を取得する場合は、get_template_directory関数ではなく、get_stylesheet_directory関数を使う。

使用例

  • 現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのパス名を取得する。
    <?php $style_path = get_stylesheet_directory( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08