get_stylesheet_directory_uri

(1.5.0以降)
get_stylesheet_directory_uri - 現在のテーマのURLを取得する

説明

string get_stylesheet_directory_uri( )
現在のテーマ(スタイルシートがあるディレクトリ)のURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを返す。

注意

末尾に'/'は付与されない。標準的なテーマの場合、このget_stylesheet_directory_uri関数で取得できる値と、get_template_directory_uri関数で取得できる値は同じになるが、現在のテーマが子テーマの場合は異なるURLになる。そのため、確実に現在のテーマのパス名を取得する場合は、get_template_directory_uri関数ではなく、get_stylesheet_directory_uri関数を使う。

使用例

  • 現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを取得する。
    <?php $style_path = get_stylesheet_directory_uri( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08