get_template_part

(3.0.0以降)
get_template_part - 任意のテンプレートファイルを読み込む

説明

void get_template_part( string $slug [ , string $name = null ] )
任意のテンプレートファイルを読み込む(表示する)。

パラメータ

  • $slug
    任意のテンプレート名。
  • $name
    テーマ名など(省略時はnull)。

返り値

ありません。

注意

WordPress 3.0の標準テーマ「Twenty Ten」で使用されている新しいWordPressタグです。従来、各テンプレートで共通していたパートを読み込む場合に使用されます。 テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索され、最初に見つかったファイルが読み込まれる。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop' ); ?>
  • テンプレートファイル'loop-search.php'または'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop', 'search' ); ?>

関連

  • locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2010-06-07 12:25